m2・坪・畳を変換します

1平米 = m2平米数 ÷ 3.305785で計算

  • m2から坪畳計算

1坪 = 坪数 × 3.305785で計算

  • 坪から平米畳計算

1畳 = (畳数 *1.6562)/3.305785で計算しています

  • 畳数から坪平米計算

坪とは

坪(つぼ)とは尺貫法による面積の単位。土地の面積の単位。六尺平方(約三・三平方メートル)

明治時代の度量衡法。400/121平方メートルと定義。約3.305 785 124ヘーホーメートル。

畳の縦の長さは1辺が6尺1間(ケン)といい約1.8182m。横半分で半間。1間×1間の正方形が1坪となる。

不動産の売買契約書などでは原則として坪数は表示されない。基本的に㎡(平米、ヘイホーメートル)表記。

※尺貫法は中国や朝鮮から伝来した日本古来の計算方法

坪 平米 計算方法

1畳(帖)は1,800mm×900mm=1.62平方メートルで計算する。平米数㎡÷1.62㎡で算出。

一般的な中京間1.6562㎡(平米)で計算

畳から計算する計算式は全体の畳数÷2×3.3(坪数)で平米(m2)数の大きさが割り出すことができる。1坪=約2畳。

m2平米、坪、畳計算

畳の大きさ(サイズ)と種類

中京間(6尺3寸)は182cm×91cm=1.6562平米(m2)

※中京地方京間、本間(6尺3寸×3尺1寸5分)は191cm×95.5cm=1.82405平米(m2)

※関西六一間(6尺1寸×3尺5分)は185cm×92.5cm=1.71125平米(m2)

※山陰地方江戸間(5尺8寸×2尺9寸)は176cm×88cm=1.5488平米(m2)

※関東地方、全国団地間(5尺6寸×2尺8寸)は170cm×85cm=1.44500平米(m2)

※アパート、マンションなど

※1尺は30.3cm、1寸は1尺の1/10で3.03cmです。

※1帖というのは本来、中京間の大きさを表します

m2(平方メートル)(単位は1坪 = 3.305785m2、1㎡ = 0.3025坪)

※平米(へいべい)はヘーホーメートル(㎡)と同じです。

建築面積とは

建物を真上から見たときの水平投影面積のこと。

1階より2階の面積が大きい場合は、2階を地面に投影した面積が建築面積。

建ぺい率(建物の面積が敷地に対して占める割合)の計算基準。

建ぺい率×土地面積=建築面積となる。

建物面積とは

延べ床面積や建延面積とも言われる。

建物の各階の床面積(壁や柱の中心線で囲まれた部分の面積)

の合計。壁または柱の中心を基準にして算出。壁で囲まれていない部分は床面積には含まれない。

玄関またはひさし等奥行きが2mを超える場合は算入される。

屋内空間の広さに関わる容積率の算出に使われる。

土地面積とは

敷地面積とも。

真上から土地を見たときの投影面(水平投影面積)のこと。建物が建っている土地の広さ。

斜面にある土地は土地面積が実際よりも小さくなることも。

地目(ちもく)とは、土地の用途による区分

不動産登記規則第99条によって地目の種類は23種類に区分されている
地目 概要
農耕地で用水を利用して耕作する土地
農耕地で用水を利用しないで耕作する土地
宅地 建物の敷地及びその維持若しくは効用を果たすために必要な土地
学校用地 校舎、附属施設の敷地及び運動場
鉄道用地 鉄道の駅舎、附属施設及び路線の敷地
塩田 海水を引き入れて塩を採取する土地
鉱泉地 鉱泉(温泉を含む)の湧出口及びその維持に必要な土地
池沼 かんがい用水でない水の貯留地
山林 耕作の方法によらないで竹木の生育する土地
牧場 家畜を放牧する土地
原野 耕作の方法によらないで雑草、かん木類の生育する土地
墓地 人の遺体又は遺骨を埋葬する土地。墓地、埋葬等に関する法律(昭和23年5月31日法律第48号)
境内地 境内に属する土地であって、宗教法人法(昭和26年法律第126号)第3条第2号及び第3号に掲げる土地 (宗教法人の所有に属しないものを含む)
運河用地 運河法(大正2年法律第16号)第12条第1項第1号又は第2号に掲げる土地
水道用地 専ら給水の目的で敷設する水道の水源地、貯水池、ろ水場又は水道線路に要する土地
用悪水路 かんがい用又は悪水はいせつ用の水路
ため池 耕地かんがい用の用水貯留地
防水のために築造した堤防
井溝 田畝又は村落の間にある通水路
保安林 森林法(昭和26年法律第249号)に基づき農林水産大臣が保安林として指定した土地
公衆用道路 一般交通の用に供する道路(道路法(昭和27年法律第180号)による道路であるかどうかを問わない)
公園 公衆の遊楽のために供する土地
雑種地 以上のいずれにも該当しない土地